スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

hows mr anvil patchwork blouson(ハウズミスター アンヴィルパッチワークブルゾン)

hows mr (ハウズミスター)より、新作アンヴィルパッチワークブルゾンのご紹介です。

”バサっ“と羽織る大振りなデザインでVINTAGE感ある素材とスポーツテイストをMIXしたブルゾンになっております。

ブルーはINDIGOネル、REDはリネン100%のバンダナ抜染生地をオリジナルで制作し

裏地にナイロン100の素材を使用することで異素材感のギャップが新しい表現になってます。

INDIGO: 綿100%の原反(生地)を起毛した後ピュアINDIGO100%で染色したネル生地を使用。

RED:フレンチリネンを使用したリネンキャンバスをRED(反応染)に染色した生地を使用。

抜染:手捺染で職人が柄1枚1枚50cm角の生地を抜染していきます。

*手捺染:1枚1枚、人の手で抜いていきますので、それぞれの圧の掛かり方がことなることで味わいある抜けの表情になります。

INDIGOは塩素系薬品で抜けますが、REDは色の変色がしやすいため何度も何度もテストを繰り返し特殊な薬品にて抜染しております。

Pattern(抜染柄)

1970年代のヴィンテージのバンダナ柄をベースに、4柄を再構築アレンジし

更にBLUE=INDIGOネル RED=リネン100%とヴィンテージにはない新しい素材感での表現にしております。

★バンダナパッチワーク柄:今回のデザインについてはパッチワークのテクニックに加え

アメリカンキルト柄をベースにアレンジを加え、キルトパターンが洋服のデザインとして柄になるように制作しております。

INDIGO:バンダナ2柄にそれぞれ強バイオ、ボールバイオをして4素材それぞれに微妙な色差をつけることで商品に奥行きを持たせてます。

RED:素材を異なる2素材使い、柄だけではなく、微妙な赤の違いの生地を使うことで商品に奥行きをつけてます。

 

 

素材デザインインスピレーション

アメリカンキルトのルーツは東北のBOROに通じており

布が貴重だった時代に傷んだ衣類,小さな布をつなぎ合わせてすき間風よけにしたり、

寒さを保温のために鳥の羽、動物の毛皮、枯れ草などを詰め込んで布団をつくりました。
布を大切にして使えるところをつなぎ合わせ、保温のために詰め物をして、それを縫い合わせて1枚の生地に仕立てました。

生活の知恵として始まったこの継ぎはぎだらけの生地が、だんだんと進化して、パッチワーク独特の美しい模様が作り出されました。

 

 

 

 

BRAND:hows mr (ハウズミスター)

ITEM:anvil patchwork blouson(アンヴィルパッチワークブルゾン)

PRICE:70,200円(税込)

NO:HM0010919

COLOR:AGING RED/INDIGO

QUALITY:RED(SHELL LINEN 100%/LINING NYLON 100%/RIB ACRYLIC 70%,WOOL 30%)

QUALITY:INDIGO(SHELL COTTON 100%/LINING NYLON 100%/RIB ACRYLIC 70%,WOOL 30%)

SIZE:S(肩幅:56cm/身幅:65cm/着丈:69cm/袖丈:62cm)

SIZE:M(肩幅:60cm/身幅:67cm/着丈:72cm/袖丈:63cm)

SIZE:L(肩幅:62cm/身幅:71cm/着丈:74cm/袖丈:64cm)

SIZE:XL(肩幅:64cm/身幅:73cm/着丈:76cm/袖丈:65cm)

※多少の差異が生じる場合もございます。ご理解ください。

MADE IN JAPAN

 

※オンラインショップでも新作商品をご紹介しております。

http://www.mark.style/

 

 

セレクトショップ マーク<mark>

〒753-0047

山口県山口市道場門前2丁目4−18 2F

TEL:083-976-6788

OPEN:10:30〜18:30(日・祝10:00〜18:00)

MAIL:mark@mark.style

WEB:http://www.mark.style/#

Instagram:https://www.instagram.com/mark.yamaguchi/

Facebook:http://goo.gl/ookymX

JUGEMテーマ:ファッション