スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

sulvam 2017-18AW Colletion Comming soon

 

 

新規お取り扱いブランド 「sulvam(サルバム)」

 

 

今年2017年1月10日から13日までイタリアで開催される

第91回ピッティ・イマージネ・ウオモ(Pitti Imagine Uomo)で

「sulvam(サルバム)」がコレクションを発表されました。

 

 

http://www.fashionsnap.com/collection/sulvam/2017-18aw/

 

そのコレクションが最高にカッコイイと感じて、翌月飛んで展示会にいきました!

実際にサルバムの洋服を見て、仕立ての良さ、カッティング、パターンなどシンプルだけど

着るとヤバイ中毒性のある服だと感じました。

 

また、デザイナー藤田氏の「体が動かなくなって服を作れないなら死にたい」というモノづくりに対する熱いマインドも共鳴しました。

 

 

http://www.fashionsnap.com/inside/sulvam-fujita/

 

 

自分たちが10代後半から20代前半の頃は、ギャルソン、ヘルムートラング、マルジェラ、ドリスヴァンノッテン、キャロルクリスチャンポエル、ラフシモンズ、ルメール、エディスリマン、マークジェイコブス、トムフォード、クリスヴァンアッシュなど、モードなメンズファッションが最高にかっこいい時代でした。

 

あれから20年が過ぎた今、もう一度、山口からモードなメンズファッションを

盛り上げていきたいという熱い思いとともに、サルバム秋冬コレクションが今週末スタート致します。

 

sulvam

サルバム

[Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)]でパタンナーとして

活躍した藤田哲平の手がけるブランド[sulvam(サルバム)]は2014年秋冬シーズンにデビュー。

 

ラテン語で即興演奏を意味する「Salvum」をアレンジしたブランド名は、

ファッションに携わる全てのプロフェッショナル達が

バンドのジャムセッションのようにそれぞれのインスピレーションを具現化していくプロセスを表現。

 

服作りの基本を外さない確固たるストラクチャーと、

基本を熟知しているからこその柔軟な発想が同居するモードスタイルを発信する。

 

『人の一部となる物づくり』を根底に置いて製作された洋服は、着用者の解釈を制限することのない自由を提案。

 

 

 

 

 

セレクトショップ マーク<mark>

 

〒753-0047

山口県山口市道場門前2丁目4−18 2F

TEL:083-976-6788

OPEN:10:30〜18:30(日・祝10:00〜18:00)

定休日:木曜日

MAIL:mark@mark.style

WEB:http://www.mark.style/#

Instagram:https://www.instagram.com/mark.yamaguchi/

Facebook:http://goo.gl/ookymX

JUGEMテーマ:ファッション