「Sync. BRANDALISM」"Flying Balloons Girl"入荷!

Sync. BRANDALISMよりFlying Balloons Girlのご紹介です。

 

先日のサザビーズでのシュレッター事件も話題になったロンドンを中心に活動する覆面芸術家「BANKSY(バンクシー)」の社会風刺的グラフィティにインスパイアされた「Flying Balloons Girl」のスタチューが登場です!

もともと2次元のグラフィティだったアート作品を3次元に再構成。スタチューとして完成させました。

 

 

 

Polystone(ポリストーン)製になります。

お部屋や店舗の素敵なインテリアにおすすめです。

 

 

 

BRAND:Sync.BRANDALISM
ITEM: Flying Balloons Girl
PRICE:48,600円(税込)

NO:MEDSync.040
COLOR:WHITE
SIZE:高さ54cm
MATERIAL:Polystone

原型製作 MOTOR KEN
from UK

Brandalism
イギリスのブリストル出身、ロンドンを中心に活動する覆面アーティストBANKSYにインスパイアされた作品。町中の壁にステンシルで表現する強くセンシティブなメッセージやメトロポリタン美術館に無許可で作品を展示するパフォーマンスから「芸術のテロリスト」とも呼ばれている。2003年UKミュージシャンのアルバムジャケットを描いて以降、世界のトップ企業やトップミュージシャンのオファーを全て断っている。 2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、計6点の作品が総額約8500万円で落札され、さらに2013年ロンドン市内の壁に描いたグラフティーがオークションにかけられ約1億800万円で落札されている。 ドキュメンタリー映画「EXIT THROUGH THE GIFT SHOP」を監督。 同年度のアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされ、最近では、パレスチナのガザ西海岸に9点ものアートを残し話題となる。 プロフィールや素顔を明かしていないながら、米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれ、その影響力の大きさもうかがえる。

 

BANKSY(バンクシー)
バンクシー(Banksy, 生年月日未公表)は、イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。バンクシー本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。2005年、自作を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたことが話題となった。

 

 

 

セレクトショップ マーク<mark>

〒753-0047 山口県山口市道場門前2丁目4−18 2F
TEL:083-976-6788
OPEN:10:30〜18:30(日・祝10:00〜18:00)
MAIL:mark@mark.style
WEB:http://www.mark.style/#
Instagram:https://www.instagram.com/mark.yamaguchi/
Facebook:http://goo.gl/ookymX

JUGEMテーマ:MEDICOM TOY